損害保険 鑑定人


損保・火災・地震保険徹底ガイドを中心テーマとして参考、関連情報を掲載しています。本題の損害保険情報に行きます。損害保険は、生命保険と違って、風水害などの自然災害や自動車の衝突事故など、偶然な事故により生じた損害を補償するのが目的であります。
その範囲は非常に広く、大きく分けてノンマリン分野とマリン分野とに分けられ、ノンマリン分野でも、火災保険・自動車保険・傷害保険・所得補償保険・医療費用保険・介護費用保険・賠償責任保険とに分けられます。
また、それぞれの保険もさらに細分化されています。
損害保険鑑定人とは、正式には損害保険登録鑑定人といい、損害保険に関る建物や動産の保険価額の算出をしたり、被害額や損害額の鑑定をしたり、事故の原因・状況調査など、それらに関する一連の業務を行う専門家のことです。
損害保険登録鑑定人になるには、まず3級損害保険登録鑑定人からスタートします。
損害保険登録鑑定人の技能ランクには1・2・3級があります。
そして、1級建築士、2級建築士資格などの一定の公的資格を取得していれば「専門鑑定人A」または「専門鑑定人B」として登録が可能です。
3級損害保険登録鑑定人で話を進めます。
この資格は、社団法人日本損害保険協会が実施する試験で、年2回実施されます。
受験資格は特になく、試験科目としては「保険・一般常識」・「電気・機械」・「建築」の3科目です。
1級建築士または2級建築士の方は、3級試験科目の「建築」が免除されます。
また、3科目とも100点を満点として、3科目とも60点以上が合格基準になっています。
晴れて、合格をしました。
では、鑑定人はどの保険に関係するのかといいますと、人身事故の損害と自動車・航空機・船舶を除いて、物の損害に関しての保険について鑑定します。
鑑定人が鑑定する主な事故はどのようなものがあるのかといいますと、火事・台風・水害・地震による損害、建設中の建物の事故、土木工事中の事故、機械の事故、日常生活上の賠償事故、自動車保険の対物(自動車を除く)事故などです。
以上が、損害保険登録鑑定人の資格の取り方や、具体的な仕事内容でした。
損害保険登録鑑定人の資格は、転職に最適な資格の一つだといえそうです。

スポンサードリンク

損害保険関連情報の損害保険代理店情報をまとめています。
なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。
あくまで、参照程度にお願いいたします。
(有)アスカ保険エージェンシー
〒050-0081
北海道室蘭市日の出町3丁目4-6
火災保険代理店,自動車保険代理店,生命保険代理店,損害保険代理店,保険,保険代理店
0143-41-5400
42/20/52.282,141/2/38.87

とらすと保険サービス
〒710-0837
岡山県倉敷市沖新町2-36
損害保険,損害保険代理店,保険,保険代理店
086-423-7660

(有)久保鈑金
〒601-1252
京都府京都市左京区八瀬秋元町127-2
自動車修理,自動車鈑金・塗装,車検代行サービス,損害保険代理店
075-721-0159

石田オート
〒593-8315
大阪府堺市西区菱木2丁2227-2
自動車販売,車検代行サービス,損害保険代理店,中古車買取,中古車販売店
072-273-9005

(有)カーファクトリーエム
〒731-5115
広島県広島市佐伯区八幡東4丁目2-40
輸入車買取,国産車買取,自動車修理,自動車整備,自動車鈑金・塗装,自動車販売,車検代行サービス,損害保険,損害保険代理店,中古車買取,中古車販売店
082-928-5011

| 損害保険の基礎知識 |

自動車保険見積もり|図書カード - 新着記事

損害保険格付け その1

確定申告 損害保険

損害保険格付け その2

損害保険控除

損害保険 業界

- RSSリーダー登録! -

My Yahoo!
自動車保険見積もり|図書カードをMy Yahoo!に登録

ライブドア
自動車保険見積もり|図書カードをライブドアRSSに登録

はてな
自動車保険見積もり|図書カードをはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM